食べ比べの出来る苺狩りと苺の直売「斉藤ファーム」 〒283-0101 千葉県山武郡九十九里町作田5323−1

さいとうさん家のいちご

直売所:0475-76-2998 携帯:090-4965-8492

電話受付時間   朝9:00~夕方17:00  
苺狩り情報

早くから多品種の苺狩りを始めたいちご園です

さまざまな品種を栽培するためには、それぞれに合った栽培が必要です。そのため、多品種を苺狩り向けに栽培することは、品種が増すごとに苦労が増えるので、昔は無理だと思われていました。そのような難しさを乗り越えて「食べ比べできる苺狩り」を始めた当園の方針は、今では当然のように広まってきました。
 

九十九里波乗り苺
最近では、苺の新品種もどんどん増えて来ています。当園でも店頭に出回らない 希少品種を皆様に召し上がっていただけるよう、工夫を重ねて栽培に取り組んでいきますので、ぜひ当園の苺を味わいにご来園ください。

 

 

1月上旬〜5月上旬

天候の影響などにより、苺の収穫量が変わるため、開園・閉園は、多少前後する場合がございます。

朝10:00〜完熟苺が無くなるまで

1〜2月は、土日祝日にご来園のお客様が多いため、早い時間に終了となる場合がございますのでご了承ください。

最初にハウスで受付をしてください

人数分の入園料を受付でお支払いください。バッグ類の持ち込みは禁止となっておりますので、無料ロッカーのご利用をお願い致します。
入園料はこちら>>
当日苺狩りできるハウスには、係員がご案内します。当園では1段ごとに、違う品種を栽培しておりますので、1棟でいろいろな苺の食べ比べができますよ!

ヘタ入れをお貸しします
コンデンスミルクはございません

受付でヘタ入れをお貸しする際に、写真の3種から選んでいただけます。首にぶら下げるタイプが一番人気です。
コンデンスミルクを配らないのは、不要だというお客様が多く、使わずに捨てられる割合がとても多かったためです。
もちろん当園の苺はどれも甘さ十分ですので、苺本来の美味しさを味わうには、ミルクをつけるのがもったいないという事もあります。
これも、小さなエコのひとつですのでご協力ください。
※ご自身でミルク持ち込みはOKです

通路がゆったり広いバリアフリー

かがまないで苺狩りができて、腰の不自由な方やベビーカーで苺狩りをする方にもやさしい、高設栽培をメインにしていますので、誰でもラクラク苺狩りが楽しめます。
あちこちのハウスを移動しなくても、1段に1品種栽培されているので、すぐに食べ比べ出来るのもうれしいポイントです。


車いすの方は、事前にご連絡頂ければ、
摘みやすいハウスをご用意致します。

土で育てたおいしさ

当園では、昔ながらの土で育てた苺狩りハウスもご用意しています。
背の低いお子様がとりやすい高さなので、お子様連れの方や、味にこだわるお客様に好評です。

ミツバチ君はなぜいるの?

みなさんが美味しい苺を食べられるのも、ミツバチが花を飛び回って、花粉するのを助けているからですよ。お子様にも教えてあげてください。

ミツバチ君は刺さないの?

刺すことも有りますが、普通に苺狩りをしていれば、めったに刺されることはありません。もしも刺された場合は、すぐにスタッフにお知らせください。

ミツバチ君の習性は?

ハチは黒いものを敵と思い攻撃するという習性が有ります。髪の毛や黒い服に寄って来ることが有りますが、何もしなければ刺しませんので、落ち着いてゆっくり行動してください。 

甘い香りが大好きなの?

香水などの甘い香りもミツバチは好みます。なるべく控えめにしましょう。

ネコスタッフがおもてなし

ハウスの周りには、いつもネコたちが自由に遊んでいます。なんだか猫カフェみたいだねと、苺狩りの後にのんびり遊んで行かれるお客様もいらっしゃいます。
ぜひかわいがってあげてください。
名前は左上がコマメ、右上グレ、左中ジャック、右中ボビー、左下ジュニア、右下マイコです。どうぞよろしく!

木を利用したブランコが人気です

苺狩り受付ハウスの前には、木の枝にロープと板を渡した手製のブランコを設置してあります。自然の雰囲気がとても良く、子供にも大人気。苺狩りが終わったら遊んでみてください。お子様の記念写真にもピッタリですよ。
   
〒283−0101 

千葉県山武郡九十九里町 
作田5323−1 

 
 
お問い合わせ】
お電話の受付時間
朝9:00~夕方17:00まで 
090-4965-8492
 
 
直売所 10:00~16:00
0475-76-2998
FAX 0475-76-0918
【苺狩り定休日】
毎月第1第3月曜日
(祝日の場合は開園し翌日休み)