べにほっぺ

ほっぺが落ちるほどおいしい

べにほっぺ

章姫(あきひめ)と幸香(さちのか)から生まれた静岡生まれの新品種で「ほっぺが落ちる程おいしい」ことから命名されました。章姫の糖度と幸香の絶妙な酸味具合を受け継いでいる大粒な品種です。

どれくらいおいしいのか、食べ比べしてみてください。


深紅の美鈴(黒いちご)

千葉の新品種、別名「黒いちご」

深紅の美鈴

完熟した実は一般的な苺い赤より暗紅色で黒っぽく見える事からついた通称が「黒いちご」。正式には「深紅の美鈴」という平成24年度に登録出願された千葉県の新品種です。「房の香」と「麗紅」から交配されました。糖度が20.9と非常に高く、酸味は低く実は硬めです。

まだ生産農家は少ないので希少な品種です。


みはる

試作中のいちごです

みはる

とちおとめの変種なので、とちおとめの良さを引き継ぎ、甘くて大粒で果肉の中まで赤く、コクが有ってとても美味しい苺です。


とちおとめ

だれもが知っている有名品種

とちおとめ

栃木県育成の品種。栃木をはじめ関東から東北で栽培されている人気の品種です。円錐形でつやのある大きな果実が魅力。糖酸比が高く食味は良くジューシーです。品種としては見慣れたものですが、苺狩りで栽培しているものは、ひと味違います。

今までの「とちおとめ」のイメージが変わるかもしれませんよ。


ふさのか

千葉県で生まれた希少品種

ふさのか

千葉県で平成12年登録された新品種。さわやかな桃の香りが特徴です。糖度が高く酸味が少ないのでとても甘いですよ。

非常に人気が高い品種なのでぜひ食べてみてください。


あきひめ

ひょろっとした長い果実が特徴

あきひめ

静岡県の民間育種家の育成品種。長円錐形の大果で酸味が少なくさっぱりした甘さ。柔らかい果実はみずみずしい食感です。

他の苺とは明らかに違った縦長なので、覚えやすい品種です。


やよいひめ

大粒でさっぱりした甘さと食味

やよいひめ

2001年に品種登録出願、2005年に登録された、新しい群馬県の育成品種です。大粒で糖度が高く、食味も良い品種で、果実色は朱色っぽい感じの明るく鮮やかな赤です。

実もしっかりして日持ちが良いのも特長です。


とうくん

桃のような香りが特長

とうくん

桃薫(とうくん)は、2011年に登録された新しい品種です。桃のような甘く芳醇な香りが隅々まで漂う(薫る)様子をイメージし、各地に広く普及していくことを願って命名されました。北海道で育成された品種で、淡い桃のような色合いと、桃やココナッツのような香りが強く個性的な品種です。

希少品種なので、完熟の実を見つけたら、ぜひ食べてみてください。


おいCベリー

ビタミンCが多く高い糖度

おいCベリー

農研機構九州沖縄農業研究センターで育成された品種です。ビタミンCが市販品種の中で最も多く「さちのか」の約1.3培、「とよのか」の約1.6倍含まれ、さらに高い抗酸化活性を有していることから命名されました。

糖度も9.4と、「とよのか」「さちのか」より高く、果実は大きく濃赤色で光沢があり、食味も良好です。


みやび

まぼろしの品種

みやび

2010年に千葉県で育成されはじめた品種です。

現在では当園にしか苗が残っていない、大変貴重な品種です。


さちのか

シーズンを通じて高い甘さ

さちのか

「とよのか」と「アイベリー」を交配して国が育成した新品種です。甘みが強く、平均糖度10度と高目です。酸度は低いため、より甘さを感じます。

果実は硬めで比較的日持ちがよいため配送も安心です。


チーバベリー

千葉県期待の新品種

チーバベリー

2016年に愛称募集を行い「千葉S4号」から「チーバベリー」になった千葉県の新品種で、大粒の果実でジューシー、とちおとめに近い糖の含有量で、酸味が低いので、とても甘い品種です。